テレアポリストを購入する前に

テレアポリストの使い道

テレアポリストの使い道 テレアポリストの使い道として、テレアポ営業の効率上昇が挙げられます。
分析が容易で改善活動がしやすい情報を入力しておくことにより、マネジメントも簡単に行うことができ、営業マンの営業活動以外にかかる時間を削減することができます。
営業効率を上げるテレアポリストの条件には、買う可能性がない顧客が入っておらず、買う可能性が高い顧客は多いこと、見やすく管理しやすいこと、PDCAを回せることなどがあります。
不要な情報を省き見やすくすることによって、電話をかける件数を必要最小限に抑えることができます。
ほかにもリストを見るだけで電話をかけることができるので作業効率がアップする、社内もしくは部署内で共有することでバッティングを避けることができる、などのメリットもあります。
テレアポリストをうまく使うことによって、見込み顧客を効率的に獲得することができ、最終的な目標である商品やサービスの販売につながっていくのです。

テレアポリストを作成することで情報を共有

テレアポリストを作成することで情報を共有 営業職に就いている人には欠かすことの出来ないテレアポリストは、出来によって直接成績に影響が出てきてしまうと言っても過言ではありません。
電話をかけるべき相手が一目で確認出来たり、部署で共有することで同じ人に何度も電話してしまうことを防いだり、交渉内容を記したりすることで次にどんな手を打てばいいのか見えてきます。
リストアップはとても手間がかかってしまうため敬遠する人が多いのですが、自社の商品にどんな人が興味を持っているのかが可視化されます。
企業リスト購入することも出来、手間をかけずに一度に大量の情報を入手することが可能ですが、費用が掛かってしまったり、自社と関連性が低い企業が混ざっていたりするので購入する際にはよく考えなければなりません。
また、インターネット上に公開されている企業情報を集めたり、それぞれ過去に行った営業やセミナーなどで交換した名刺を一か所に集約してテレアポリスト化するという方法もあります。

新着情報

◎2023/8/21

情報を追加しました。

> テレアポリストと個人情報保護法の関連について
> テレアポリストの自動作成ができれば作業効率が高まる> テレアポリストはセキュリティーがとても大事なわけ> テレアポリストを電子化することにより効率化がはかれる> テレアポリストを前にして分析をする力が重要になる

◎2020/7/13

必見!上手くいく個人テレアポ
の情報を更新しました。

◎2020/5/19

新規顧客を開拓
の情報を更新しました。

◎2020/3/16

リストは共有すべき?
の情報を更新しました。

◎2020/1/29

個人営業向けのリスト
の情報を更新しました。

◎2019/10/30

法人営業向けリストの特徴
の情報を更新しました。

◎2019/8/30

サイト公開しました

「テレアポ 効率」
に関連するツイート
Twitter

返信先:まあ本質はテレアポだもんなー。 リーズ発掘としては一つの手段だと思うけど、時間効率が悪すぎる。 この結果には納得。

途中経過 テレアポ コール数:50件 担当者数:10件 アポイント:2件 今日はすごく良い感じにアポイントが取れている! まあ、ちょっとせこい作戦を取ってますが笑 体調悪い時こそどうやって楽しようか考えるから効率は良いんだよな〜!

営業の電話は100%断る気でいるんだけど、頭ごなしに断るのは申し訳ないから話だけは聞くか…って10分くらい通話が続いたうえでハッキリ断るんだけど。 テレアポしている側からすれば、効率悪くなるから逆に迷惑なのかな〜?と感じた今日この頃(さっきあった)

テレアポに超絶悩んでいる後輩に3分だけ電話して伝授した。それならできる!!それに効率も良さそう! 「できそう!」とか「できる!」といったキーワードを言った瞬間に彼女の勝ちは確定だ。

電話対応は契約書に記載ない 派遣は契約外のこと平気でさせるし しかも入社してしょっぱな 新人に電話取らすの1番非効率できらい だいたいの人が慣れてからじゃないと嫌と思うけと 最初から電話したいならテレアポ行ってるわ